大学でとっても仲良くしている友達から聞いたのが、パパ活をしたお小遣い稼ぎでした。
私は今大学1回生なんですけど、親から貰う小遣いが超の付くほど低価格なんです。
高校生まではそれなりに金額を受け取ることができていたのですが、さすがに大学生ともなれば自分でアルバイトなどを経験しなければいけない、そんな親の教育方針があったようでした。
もっとも大学の学費なんかも、とっても高額だからしかたがないのかもしれませんけど、大学生になったら1万円の小遣いになってしまったんです。
「これじゃ何にもできないよぉ」と抗議をしたものの、自分で何とかしなさいと言われてしまったのです。
私は性格的には一生懸命お仕事するってちょっとできないから、気軽にお金欲しいなと思うようになってしまっていました。
アルバイトは高校生の頃もやったことはあるけど、本当に大変なんですよね。
あんなに忙しいのに、ちょっとしか給料もらえないんですもん。
すごく損している気持ちにちゃったんです。
だからアルバイトをやってこつこつと稼ぐというのは、ちょっと無理かなって感じでした。
そんな私にピッタリなお金儲けの方法は、キャンパスの友達からもたらされました。
知らないおじさんとセックスなしで、食事だけすればお小遣いをもらえるという方法があると聞いたのです。
その友達は、ネットでパパ募集をして美味しい食事をしそうになるばかりか、しっかりとお金まで受け取っていると話てきました。
気軽にお金が欲しい私、この方法は自分に最適だと感じたのです。
友達に話し聞いたら、愛人募集掲示板じゃなくて出会い系サイトならパパが探せるという事でした。
まるで愛人契約のように、パパ契約というものも可能らしいのです。

楽して小遣いが欲しい私ですから、すぐにインターネットを使って太っ腹なパパを探していく事にしました。
彼氏でもない人とエッチすることはできないけど、ご飯だけだったらまったく抵抗感なんか感じませんから。

 

 普通のアルバイトときたら、長時間拘束される割には収入が少なかったりしますよね。
それなのに、ご飯を一緒に食べるパパを見つけたら短時間で数万円ももらえてしまうんです。
これ絶対やらなきゃと思ってしまいました。
パパ活をしてお小遣い稼ぎをする、女子大生の私には最適なお金の作り方だと感じたのでした。

 

 

名前:愛乃
性別:女性
年齢:19歳
プロフィール:
 19歳の大学一回生、お小遣いが少ないのが悩みの種なんです。
親からもらえるお小遣いが、たったの1万円なんですからね。
もう大人なんだから自分でアルバイトをして、何とかしろというのが理由です。
でも私面倒くさいの大嫌いな性格、楽してお小遣いが欲しいと思ってたんです。
そんなときに、パパ活でお小遣い稼ぎというのを知りました。